無名たまに虫弄る虫屋

最近はエラフスに興味が...🤣

MENU

ギラファノコギリの顎の形状や産地等 まとめ

ご覧頂きありがとうございます

今回からクワガタの解説をしていこうかなと思います。

まぁ解説というか魅力を語るだけですが....

(間違えて解説してしまっている場合もあるので、ご了承ください。)

※"最後に"という項目をご覧いただければ幸いです

f:id:Emi_Lyy:20200522064157j:image

<ギラファノコギリクワガタとは>

東南アジアなどに広く分布する Prosopocoilus属の最大種

生息域は亜種が多いので広く分布しています

カンボジア、インド、ラオスベトナムミャンマー、ネパール、タイ 、バングラデシュ?(いるのか不明) フィリピン(ルソン島ミンドロ島ネグロス島など) インドネシア(フローレス島 ジャワ島など)

学名の giraffa はキリンと言う意味です。

 

<ギラファの種類、生息地>

で、種類なんですが、珍種が非常に多いです。

種類を書いておきます。

Prosopocoilus giraffa giraffa

原名亜種 ギラファ・ギラファ

Prosopocoilus giraffa nirgiriensis

南インド亜種 (ニルギリエンシス)

Prosopocoilus giraffa keisukei

亜種ケイスケイ

Prosopocoilus giraffa daisukei

亜種ダイスケイ

Prosopocoilus giraffa nishiyamai

亜種ニシヤマイ

Prosopocoilus giraffa nishikawai

亜種ニシカワイ

Prosopocoilus giraffa makitai

亜種マキタイ

Prosopocoilus giraffa borobudur

亜種ボロブドゥール

Prosopocoilus giraffa timorensis

亜種ティモレンシス

 

Prosopocoilus giraffa giraffa 

ギラファノコギリクワガタ原名亜種

(インドギラファ、タイギラファ)

生息地は、ネパール、タイ、インド北東部、マレーシア、カンボジアなど。

大陸産 は光沢が強く出る

f:id:Emi_Lyy:20200414065701j:image

カンボジア

f:id:Emi_Lyy:20200414065640j:image

↑インド産(原名)この個体は湾曲が弱い... 大型なのに.. Darjeling のラベル。 Chin Hillのラベルはありません....

f:id:Emi_Lyy:20210202171500j:image

タイランド産 Prov, Nang 飼育品

f:id:Emi_Lyy:20210202171546j:image

タイランド産 Doi Sarat Chiang Mai

f:id:Emi_Lyy:20210202171619j:image

タイランド産 Wiang Papao Chiang Rai

f:id:Emi_Lyy:20210202171652j:image

↑産地別タイランド産 左から

Prov. Nang 

Doi Sarat Chiang Mai

Wiang Papao Chiang Rai

野外品は飼育品に比べて頭部の表面が綺麗に整っていると思います。

タイランド産は特にChiang MaiやChiang Raiは

国立公園があるため未だに入ってきている野外個体はグレーゾーンかもしれません。

写真の個体は20年以上前のものです。

1番古くて 1988年です。

※マレーシアの個体も入手出来たので後ほど記載します。

Prosopocoilus giraffa nirgiriensis

ギラファ ニルギリエンシス

南インド亜種


f:id:Emi_Lyy:20200414065732j:image

f:id:Emi_Lyy:20200414065736j:image

南インドのニルギリ高原より由来。

ギラファノコギリクワガタ南インド亜種

私は"ニルギリエンシス"と呼んでいます

f:id:Emi_Lyy:20200418150038j:image

f:id:Emi_Lyy:20191121205639j:image

飼育品

f:id:Emi_Lyy:20191219113535j:image

野外品 大型(やっと手に入った)

亜種の特徴がはっきり出ている。

顎の画像を貼ります

f:id:Emi_Lyy:20191121210352p:image

ssp.nirgiriensis 飼育品

f:id:Emi_Lyy:20191209174547j:image

ssp.nirgiriensis 野外品 大型

f:id:Emi_Lyy:20191121210357j:image

原名亜種 (India Darjeeling)

f:id:Emi_Lyy:20191122162914j:image

原名亜種 (Thailand Province Nan)

 

f:id:Emi_Lyy:20191209175344j:image

原名亜種

f:id:Emi_Lyy:20191218165032j:image

原名亜種 (ミャンマー)

f:id:Emi_Lyy:20191209175404j:image

ssp.nirgiriensis

ミャンマーやタイは 内歯上の 微歯が多く出る個体が多く見られる。

f:id:Emi_Lyy:20200603101451j:image

↑North Thailand Prov. Nan

f:id:Emi_Lyy:20200414065606j:image

(原名亜種 ミャンマー) ミャンマーは原名で1番湾曲が強くなる個体が多く見られる。

原名亜種との違いは内歯上の微歯が融合している。微歯が歯ブラシの様になる。(微歯がの生え方が荒い)

f:id:Emi_Lyy:20191219021957j:image

(原名亜種(India Darjeling)左とssp.nirgiriensis右)

 

慣れれば見分けが簡単(ssp.nirgiriensisは顎が独特)

(ssp. nishiyamaiと似ているがnishiyamai 内歯上の微歯がはっきりしている(大型個体の場合)(融合していない))

sspnirgiriensisは 細身で上翅に光沢が出る

f:id:Emi_Lyy:20200311014537j:plain

ssp.nishiyamai 右 と ssp.nirgiriensis

ssp.nishiyamaiは ssp.nirgiriensisと同じように最大内歯上の微歯が融合する個体もいるので、非常に似ている。

同じく上翅に光沢が出る ssp.makitaiもいるが顎の形状が違うため区別に難はない

(sspmakitaiの方が湾曲が強い?)

f:id:Emi_Lyy:20191218171522j:image

(sspnirgiriensis :左と ssp. makitai :)

ssp. nirgiriensisも湾曲が結構ある

まぁこちらの種類は南インドに生息しています。

で、本種は超レアなんですよ。

こちらの種類はなかなか流通量が皆無と言って良いほど少ないです。

̶正̶直̶違̶い̶が̶あ̶ま̶り̶な̶い̶の̶で̶亜̶種̶に̶し̶な̶く̶て̶も̶良̶か̶っ̶た̶の̶か̶な̶ぁ̶っ̶て̶、̶私̶は̶思̶い̶ま̶し̶た̶。̶

Prosopocoilus giraffa keisukei 

ギラファ ケイスケイ

f:id:Emi_Lyy:20200414064600j:image

フローレス

f:id:Emi_Lyy:20200414064541j:image

↑ロンボク産 114mm.

水沼敬典氏より由来

ケイスケギラファ(フローレスギラファ)

全体的に光沢が弱い フローレスは完全に艶消しで、ロンボクは若干光沢があり、フローレスより湾曲が強い個体が多い。

ほかの亜種に比べ両あごの感覚が広い

最大亜種です

ギラファノコギリの中で一番流通している

生息地はフローレス島、ロンボク島(スンバワ島 稀 )など 

流通はほとんどはフローレス、ロンボクは稀です。

島によっては希少なやつがいるとか。

あまり湾曲してないように見えますが、ssp.keisukeiは異常なほど湾曲が強い個体もいます(110mm辺り(又はそれを超えるサイズ)になると湾曲が強くなる傾向がある。あくまで私自身の考え)

f:id:Emi_Lyy:20210507115449j:image

ssp.keisukei 大型。(フローレス)

先端内歯が多い個体。

f:id:Emi_Lyy:20200310195924j:plain

ロンボクのssp.keisukei 上 とフローレスssp.keisukei 下 

Prosopocoilus giraffa borobudur 

ギラファ ボロブドゥル


f:id:Emi_Lyy:20200414064745j:image

f:id:Emi_Lyy:20200414064624j:image

f:id:Emi_Lyy:20200414064822j:image

↑ジャワ産

ジャワ島のボロブドゥール寺院から由来

生息地はジャワ島、バリ島、スマトラ島

ほとんどの流通はジャワです

バリ、スマトラは稀流通です。

基流通はジャワの Mt.Gede だと思われる

ssp.keisukeiと同じくらい流通してる

サイズはあまり伸びず、100mm.で特大ぐらい

太身で湾曲が弱く、ギラファの中で顎がいちばん太くなる。

鉤爪状内歯が大きく発達する。最大内歯の発達は悪い。

スマトラ産は ジャワ産より湾曲する傾向がある。(別種にも一見見える)

バリ産はジャワ産よりサイズが伸びない

Prosopocoilus giraffa nishiyamai

f:id:Emi_Lyy:20200414065015j:image

ギラファ ニシヤマイ

西山保典氏より由来

ニシヤマギラファ

生息地はスラウェシ島 ペレン島 (nishiyamaiは色んな島に生息してます)

こちらは流通量が少なく、希少な種類。(最近増えている?)

100mmで特大ぐらい。

顎の先端から大きく湾曲する

最大内歯は小さく太く三角形状に発達する。

最大内歯上の微歯が綺麗に生えそろう。

個体差にもよるが微歯が融合する個体もいる(これも個体差だが、幼虫の時の環境に影響しているのではと思っている)

微歯が融合するので ssp.nirgiriensisにとてもよく似ている

f:id:Emi_Lyy:20200414065127j:image

ssp.nirgiriensis と 右 ssp.nishiyamai'

Prosopocoilus giraffa nishikawai

ギラファ ニシカワイ

西川直己氏より由来 

ニシカワギラファ

生息地はザンギール諸島

これもあまりみない。

90ミリで最大っぽい...

湾曲は ssp.timorensisのようにあまりしてない

 

Prosopocoilus giraffa timorensis

ギラファ ティモーレンシス

ティモール島から由来

生息地はティモール島など。

最近はあまりみない

ssptimorensisは体が赤くなる傾向がる

Prosopocoilus giraffa makitai

ギラファ マキタイ

f:id:Emi_Lyy:20200414065415j:image

↑ミンドロ産

蒔田増美氏より由来

生息地はルソン島ミンドロ島

マキタギラファ

こちらも希少です。

上翅に光沢が強く出る

顎の湾曲は大きい

ルソンやミンドロ以外もいるらしいが...

Prosopocoilus giraffa daisukei

ギラファ ダイスケイ

f:id:Emi_Lyy:20200414065435j:image

シブヤン産

f:id:Emi_Lyy:20200511072107j:image

パナイ島

鉤爪状の歯が無いのが特徴。

f:id:Emi_Lyy:20191220154502j:image

(ssp.makitaiの鉤爪状の歯)

水沼大輔氏より由来。

ダイスケギラファ

生息地はネグロス島、シブヤン島 (パナイ島 稀)

最近はほとんどネグロスですね。

シブヤンも稀かもしれない...飼育品は殆どネグロス。(ssp.makitaiと交雑しているものが流通することがあるので注意特徴はssp.daisukeiには本来出ない 鉤爪状の歯が出る。判断法は唯一これのみ)

最大内歯は細い。

f:id:Emi_Lyy:20191220154935j:image

(ssp.makitai 左 と ssp.daisukei 右)

sspmakitaiと似ている

体は細くないが、顎が細く若干makitaiより湾曲が弱い。 微歯も生えている量が多いがssp.nirgiriensisのように融合していない

ギラファ最高峰と言われ 野外品は大きければ数十万は余裕で超える。

ギラファの中で光沢が1番強くなる。 そのため、写真を撮るのがかなり大変だった

 

 

まぁこんな程度でしょう。ほかの亜種は希少だけで、あまり生態は変わらないんですよね。

まぁ私も採集したことないんではっきりしたことは言えませんが。

とにかく大きく、顎が素晴らしく、魅力的なので、ギラファをブリードしてみるのも良いかと思います。簡単といっても、温度が23℃前後ですかね? 自分で温度管理ができないと当然飼えませんが。

飼育する方は、是非大型個体作出を目指してください。

f:id:Emi_Lyy:20191215141646j:image
f:id:Emi_Lyy:20191210065318j:image
f:id:Emi_Lyy:20191210065330j:image
f:id:Emi_Lyy:20191216201523j:image
f:id:Emi_Lyy:20191216201535j:image
f:id:Emi_Lyy:20191216201531j:image
f:id:Emi_Lyy:20191216201527j:image
f:id:Emi_Lyy:20191210182522j:image

f:id:Emi_Lyy:20191215141729j:image
f:id:Emi_Lyy:20191215141724j:image
f:id:Emi_Lyy:20191215141733j:image

私のギラファの標本です。

ニルギリエンシスの飼育品以外全て私の標本です。

最後に

資料が少なくて申し訳ございません。

今回の記事がお楽しみいただけたら幸いです。

資料が集めやすい国内の身近な昆虫の解説をしようかと思います。

又、ギラファ等のクワガタの資料をookuwa321@gmail.comに送っていただければ、解説がより詳しく出来ると思います。

提供お待ちしております。

では。

資料としては、小型から大型までの大きさがわかる標本、蛹、幼虫、亜種等の見分けのつく写真を希望しています。

上のを問わず、提供して頂ける方は大歓迎です。よろしくお願い致します